【イチケイのカラス】第5話のあらすじと感想 初恋の人登場にYってしまう石倉書記官!

イチケイのカラス あらすじと感想ドラマ

型破りのクセ者裁判官・入間みちお(竹野内豊)と、イチケイ(東京地方裁判所第3支部第1刑事部)を立て直すためにやってきた堅物エリート裁判官・坂間千鶴(黒木華)が法廷を飛び出し真実を暴く月9のリーガル法廷ドラマです。

5話に出てくるふるさと納税が気になる人はコチラをチェック

イチケイのカラス 第5話のあらすじ

今回はバレエ団の経営者の槇原楓が元トレーナーの矢口雅也を突き飛ばした傷害容疑の裁判です。
そのバレエ団に、石倉書記官の中高の同級生である馬場恭子がいました。
恭子は、フランスのロワール国立バレエ団で日本人初のプリンシパルに選ばれた女性で、馬場恭子に被疑者の槇原楓のおかげで才能を開花させていました。
そして彼女は石倉の初恋の相手でした。
担当から外れるかどうか「Yっている」石倉でしたが、最終的に公判を担当すると決めました。

公判当日、千鶴が担当するバレエ団経営者の傷害事件に、なぜか傍聴席にみちおが入ってきます。
みちおファンから書くものを貸してもらい、カンペのように千鶴に書いたものを見せます。
その内容は、先ほどみちおが受け持った食い逃げ事件と、今千鶴が行っている傷害事件を1つにくっつけたい、つまり併合審理にしたいと言います。

食い逃げ事件の被疑者である元木次郎は、親方にお金を借りに行ったと証言するのですが、その親方の家付近の遊歩道から、橋の上で男性と女性が言い争っているのを見たと言っていました。
それがバレエ団の傷害事件が起きた現場でした。
しかし、元木被告が見たと言っているのは、男性一人に女性二人で証言と食い違っていました。

みちおは併合審理となると超絶めんどくさいが、それは裁判官側の都合だと言い、見えてなかったものが見えてくるかもしれないと、併合審理を主張しました。

併合審理の初日に、元木被告人は自分が見た女性が馬場恭子だと断定します。
しかし恭子は、その時刻にレッスン場にいたと、否定します。
それを聞いたみちおは、いつも通り職権を発動しました。
いつもはみちおの職権発動に対して異議を唱えている千鶴でしたが、元木被告がはっきり見たと断定していたので、千鶴も検証がした方がいいと賛成します。

バレエ団に恭子の証言が正しいか確認をしに行きますが、確認した検事はその証言に違和感を感じます。
その時石倉は、恭子の体調の異変を感じ取り、バレエ団からビデオを借りて帰ります。
みちおと千鶴は元木被告が3人を見たという橋の現場検証を続けていましたが、そこで周囲が明るくなったことに気づきました。

第3回の公判で、元木被告が馬場恭子の顔をはっきり覚えていた理由が分かり、さらに現場検証から明らかになった事から、証言が怪しいと言われていた元木被告の証言に信ぴょう性が出てきました。
しかし、第4回の公判で、元木被告はいきなり自分は現場にいなかったので言い争っているのを見ていなかったといきなり証言を覆しました

みちおの造語「Yってる」

今回はみちおの出題問題はありませんでしたが、代わりに甥っ子発案の造語が出てきました。
右に行くか左に行くかの分岐点で迷っている表現として甥っ子は使っているようです。
みちおは使い方の例文まで出して使いこなしていました。
みちおの甥っ子は毎回おもしろいことをみちおに話していますね。
いつか甥っ子も登場するのでしょうか。楽しみです。

イチケイのカラス 第5話の感想

今回は坂間らずに、入間の意見に賛同していました。
少しずつみちおのやり方を認めるようになり、みちおに染まってきている感じがします。

今回は、いたずらに驚いたみちおに対し、千鶴が「全く驚かなかった」と主張した事にムキになって仕返しをしていました。
周りには千鶴の「モテ期」だと勘違いされていましたが、もう一度見直してみると、みちおが残念がっているようにも見えるシーンもありました。

今回のは石倉書記官にスポットがあてられたお話でしたが、石倉書記官の甘酸っぱい初恋の話も良かったですね。
この再開をきっかけに、恭子と付き合う事になったらいいな~と勝手に応援しています。

石倉文太役の新田真剣佑には子どもがいた?

イチケイのカラス 第5話を見逃してしまった人はコチラ!

【ドラマ】イチケイのカラスは、FODで見逃し配信をしています。
今回惜しくも見逃してしまった人はコチラから視聴できます!
しかも初回申し込みなら、2週間無料で視聴出来るのでオトクですよ♪

ドラマ
気に入ったらシェアしてください
Chikaba trip