【イチケイのカラス】第6話のあらすじと感想 「バタフライ効果」で12年前の真相に近づくことに!

イチケイのカラス あらすじと感想ドラマ

型破りのクセ者裁判官・入間みちお(竹野内豊)と、イチケイ(東京地方裁判所第3支部第1刑事部)を立て直すためにやってきた堅物エリート裁判官・坂間千鶴(黒木華)が法廷を飛び出し真実を暴く月9のリーガル法廷ドラマです。

今回活躍した井出・城島検事についてはこちら

イチケイのカラス 第6話のあらすじ

10年前、みちおは裁判官になった時に日高亜紀に会いに行っていました。
みちおは「どうして」を実践してみたいからと言って、日高に「どうして裁判官を目指したのかと聞きます。

みちお達が野球の後にそばを食べに来ている時に、ちょうど千鶴と日高亜紀が女性裁判官の会で日高亜紀の最高裁長官内定のお祝いをした後に二人でごはんを食べに来ました。

みちおは、日高亜紀に、蝶の羽ばたきが嵐を起こすと思うかと問います。
そして日高亜紀が起こす波紋と、12年前の事件の波紋について話しました。

今回の被告人は「岸田茂」で、みちおと日高亜紀が関係した12年前の事件に関与した「志摩総一郎」の家に窃盗に入ったという事件です。
被告人は、窃盗の1週間後に、配達員に顔を見られて指名手配されたからと自首をしていました。

名門国立大卒業の被告人は、「泥棒は魅力的な仕事だ」と言って全員に泥棒の個性について語り始めます。
自分の個性と、分析力と、ポリシーを語り、最後に「人は絶対に傷付けない」と言い切ります。

第2回公判で、みちおに自転車に乗せていた重い荷物の中身を教えるように言われた岸田は、泥棒におけるあらゆる道具だと言います。
みちおは、理路整然と話す岸田が、あやふやな言動をしたり、前科6犯もあるのに今回だけ初めて自首していることがおかしいと疑っていました。

千鶴は、今回の事件の被害者が12年前にみちおが「弁護士」として担当した時の被疑者だと調べ、みちおがいつも通りに振舞おうと自制しているように見えると指摘します。

12年前にみちおが担当した事件は、東丸電機の布施元治と仁科壮介が異動についてもめて布施を殺害したという内容でした。
被告人の仁科は、現場から走り去る人間を見たと言い、みちおはそれが志摩総一郎だという事までつきとめましたが、日高亜紀に証人尋問を却下されていました。
その結果、被告人は無期懲役を言い渡され、無実を訴えて自殺しました。

志摩総一郎は、国税庁からオメガ会計事務所に天下りし、東丸電機の税理顧問をしていたようでした。
その志摩総一郎が今回の被害者であるという事でした。

石倉書記官が防犯カメラを探していたところ、自分たちよりも前に新聞記者の「真鍋伸」が防犯カメラを見せて欲しいと頼んでいたようです。
その眞鍋は、誰かに襲われ現在脳死状態になってしまっていました。
真鍋は国税庁の天下りコーディネーターと呼ばれている志摩総一郎を調べていました。

みちおは単独から合議事件に切り替え、職権を発動しました。

岸田が持っていたという重い荷物は、窃盗に入ってから増えていました。
その重さを調べるために川添主任が実際に荷物を使って実験します。

何度も実験した結果、カバンの中身は20kgでした。
もしその中身が全てお金なら、岸田が盗んだお金は2億円の計算でした。

その後城島たちは、中森検事から圧力を受け、地裁の調査協力を禁止されました。
さらに、証人として呼び出した志摩総一郎は、みちおが過去に自分を容疑者扱いして尋問に呼び出そうとしたことを明かし、最高裁に抗議書を提出すると宣言します。

中森検事から圧力を受け、駒沢部長に頼まれていた資料については不見当だと城島検事が伝えます。
不見当と言う言葉が大嫌いな駒沢部長は、城島検事をめっちゃい見つめて静かな怒りを見せながらもどこからの圧力があったのか問います。
みちおは誰からの圧力か一発で言い当てます。
中森検事は、12年前の仁科壮介の公判の担当者でした。

一切の捜査を禁じられた旨を伝える検事たちに、みちおは「法の番人」なんだから禁じられても捜査するに決まっていると城島検事たちにさりげない圧力をかけ、川添も自分の実証実験の努力を無駄にしないでくれと、筋肉痛を訴えて責めます。
そんな中、真鍋伸が亡くなったという連絡がはいります。

真鍋の釣り友達からの情報から、真鍋の手帳を見つけ出しました。
城島検事たちの影の協力もあって、防犯カメラの証拠も見つかりました。

第4回の公判で、未だに真実を語らない岸田に、みちおは岸田が知らない間に岸田のポリシーを侵している事を教えます。

そして、志摩総一郎のについても明らかになりました。

みちおの出題問題 蝶の羽ばたきは嵐を起こすと思うか?

今回は、みちおが最高裁長官内定のお祝い後の日高亜紀に対して質問しました。
甥っ子が身近で「バタフライ効果」を起こしたと言うのです。

バタフライ効果」とは、蝶が羽を動かしたことで空気中の微粒子を動かし、さらに大きな微粒子を動かしていった結果、地球の反対側の竜巻に影響をあたえるという、些細な事が様々な要因を引き起こして大きな出来事の引き金につながると言う考え方です。

甥っ子の行動が波紋となって身近な人間影響を与えたという体験をみちおは日高亜紀に伝えました。
そして、日高亜紀が最高裁長官になれば法曹界にどんな影響が広がっていくのだろうと言います。
加えて、今回の窃盗事件が、みちおと日高亜紀が関わった12年前の事件の波紋でなければいいがと言ってその場を去ります。

話の内容からすると「バタフライエフェクト」が話のキーワードとして最後まで登場するのでふさわしかったと思いますが、小ネタ的には前回の甥っ子造語「Yってる(ワイってる)」を今回のバカリズムさんの登場の時に使って欲しかったですね。
その方が「素敵な選TAXI」の内容「人生の選択」とかぶってて良かったのに~と思いながら二人の共演を懐かしく見ていました(笑)

ちなみに、ステキな選TAXIは、U-NEXTで視聴が可能です。

イチケイのカラス 第6話の感想

みちおは、日高亜紀が最高裁長官になった時の波紋を「甥っ子の話」でしていましたが、みちお自身は日高亜紀の起こす波紋は「悪い影響」を起こすと考えているようです。
いつも笑顔で日高亜紀に接していますが、弁護士時代の話からすると、みちおは日高亜紀に対してかなりの憤りがあるようです。

岸田が起こした窃盗で、真鍋伸が亡くなるという思ってもいなかったという事が起こり、今回のキーワードの「バタフライ効果」が最後には被告人の岸田にも関連してきていました。
何重にも伏線があって面白いですね!

今回はみちおの12年前の内容がかなり明るみに出てきました。
みちおも日本の司法を裁く時が来たかもと楽しみにしていましたが、次回予告から予測するとまだまだうまくいかないようですね。

井出伊織検事の災難についてはこちらでチェック

イチケイのカラス 第6話を見逃してしまった人はコチラ!

2021年現在、【ドラマ】イチケイのカラスはFODで見逃し配信をしています。
FODでは、「鬼滅の刃」などの人気アニメや漫画、雑誌なども見ることが出来ます。
今回惜しくも見逃してしまった人はコチラから視聴できます。
しかも初回申し込みなら、2週間無料で視聴出来るのでオトクですよ♪

FODプレミアムの無料お試しの注意点や詳しい申込み内容を確認して申し込む

ドラマ
気に入ったらシェアしてください
Chikaba trip