イチケイのカラス9話に出てくるふるさと納税品は福岡のカラス天狗のカーカー君

イチケイのカラスのふるさと納税ドラマ

「イチケイのカラス」は自由奔放で型破りな元弁護士の主人公「入間みちお」が、みちおと真逆の冗談が通じない堅物なタイプの「坂間千鶴」とイチケイ(東京地方裁判所第3支部第1刑事部)メンバーとともに真実をつかもうと奔走する刑事裁判官が主人公のリーガルドラマです。

物語の最終回には、一度だけ話に出てきたみちおの「姪っ子」が登場しました。
最終回で登場した女優さんが誰なのか、女優さんの名前や出演作品などを調べてみました。

9話のあらすじやネタを知りたい人はコチラをチェック!
全話のふるさと納税を知りたい人はコチラをチェック!

福岡のふるさと納税 カラス天狗の「カーカー君」

オリジナル商品で、ふるさと納税は存在しません

今回のふるさと納税もオリジナルのものらしく、検索でも商品が見つかりませんでした。
今までと同じ流れで、物語に沿わせたオリジナル商品のようです。
音を出した時に、皆が一斉に振り返った事や、防犯用として千鶴に渡したことからも、大きな音のような演技をしていましたが、子供の防犯ブザーほどの大きな音ではなく、あまりインパクトがありませんでした。
「カーカー君」とはまたひねりのない名前ですね…。
どうせならもっとかわいい名前をつけてあげて欲しかったです。

福岡県豊前市のカラス天狗伝説を参考にしている可能性も

豊前市のカラス天狗「くぼてん」と「きょうこ」

参照元:https://www.city.buzen.lg.jp

福岡県の豊前市の求菩提山(くぼてさん)には、山伏の姿をしたカラス天狗が住んでいたという伝説があるそうです。
カラス天狗は、火をしずめる「水の神」で、雨を降らすことも出来ると言われています。
豊前市のゆるキャラには、カラス天狗の「くぼてん」、「きょうこ」もいて、カラス天狗祭りという一大イベントもあるそうですよ。
福岡のカラス天狗とは、豊前市のカラス天狗を参考にしているのではないかと推測します。
しかし、そのカラス天狗が今回のふるさと納税品のように「カー」と鳴くのかは分かりませんでしたけど…。

ふるさと納税番外編

以前は「関サバジュース」が登場しましたが、今回も協議中に「梅干ジュース」や「しおれもんジュース」「カラステラミルク」を飲んでいる人たちがいましたね。
協議中に変わった飲み物を飲んでいる事が多いですが、飲み物にツッコミを入れずに審議に集中できる事がすごいなと思って見てしまいます。
今回の飲み物も番組での創作品のようですが、カステラミルクってすごく甘そうですね。

イチケイのカラス 9話のふるさと納税まとめ

今回のふるさと納税品は、物語の中でもあまり役に立ったようには見えませんでしたね。
しかしそれにしてはお面の部分が脱着できたり、お腹のボタンを押すと「カー」と音が鳴ったりしてけっこう手の込んだものになっていました。
次回はどこの地域にからめたふるさと納税品が出てくるのでしょうか。
今から楽しみです。

FODプレミアムの無料お試しの注意点や詳しい申込み内容を確認して申し込む


イチケイのカラスのあらすじ・感想へ
ドラマ
気に入ったらシェアしてください
Chikaba trip