【イチケイのカラス】第8話のあらすじと感想 みちおの甥っ子道彦登場!

イチケイのカラス あらすじと感想ドラマ

型破りのクセ者裁判官・入間みちお(竹野内豊)と、イチケイ(東京地方裁判所第3支部第1刑事部)を立て直すためにやってきた堅物エリート裁判官・坂間千鶴(黒木華)が法廷を飛び出し真実を暴く月9のリーガル法廷ドラマです。

8話に出てくるふるさと納税が気になる人はコチラをチェック

イチケイのカラス 第8話のあらすじ

裁判所書記官 川添博司の災難

裁判官と書記官の評価は一蓮托生の中、川添書記官はペアを組む裁判官の引きが恐ろしく悪かったため、同期のほとんどの人間が管理職になっているのに、いまだ現場で働いていました。

出世を諦めた川添書記官の望みは、滞りなくイチケイで定年を迎える事でしたが、痴漢と間違えられて捕まってしまいました。

イチケイの仲間にも痴漢をしたと疑われて、みちおなど楽しんでいました。

今回の合議制は傷害事件

今回の合議制の被告人は、潮川恵子で、千鶴が単独審で審理中の窃盗犯の被告人でした。
万引き常習犯の潮川恵子が、保釈中に万引きの目撃者を殴って傷害を与えたという事件でした。

被告人は、自分が傷害を与えた山寺さんは自分の恩師であり、万引きをお店の人に伝えられたのは恨んでいないと言います。
今回の傷害事件は、自分ではなく山寺さんが万引きをしているところを見かけて、止めようとして山寺さんに襲われそうになって身を守ろうとしたのだと説明しました。

山添書記官は、被告人が否認した事で普通の裁判官は困った顔をする場面に、イチケイの3人の裁判官全員が笑みを見せているのを見て、イチケイの裁判官はどうかしていると頭を抱えます。

被告人は、襲われそうになったと感じて山寺さんを殴った後に心配して駆け寄りますが、山寺さんは大丈夫、盗んだものは返すから行ってと言われてその場を去ったと言います。

被告人は取り調べの段階から主張していましたが、被害者が万引きした証拠がなく、事件後に被害者の山寺さんが夫の市議会議員の山寺信吾氏に「逆恨みで教え子に襲われた」と聞かされたと証言しており、夫が駆け付けた時には意識を失っていて、一命を取り留めたが経度の麻痺と事件時の記憶がなくなっていたようです。

被告人は被害者を殴ったのは一度だけだと証言していました。

被告人の病

一回目の公判後、みちおが甥っ子トークをしようと口をあけると、異変に気付いた千鶴に甥っ子トークをするつもりだろうと当てられました。
みちおは起訴内容をうのみにせず、先入観を捨てて考えるよう全員にアドバイスし、潮川は万引きの「病気」だったのではないかと推測しました。

被告人は、「クレプトマニア」という、「窃盗症」とも呼ばれる精神傷害で、専門医の診断によって判明しました。
その事を知った夫の拓馬は、娘のほたるは自分が引き取るから離婚しよう。そうすれば恵子も楽になるのではないかとアドバイスしました。
そして夫は恵子を責めました。

書記官の気遣い

書記官の二人は、公判が始まって被告人が元気がない事に気づきます。
追い打ちをかけるように、被告人が被害者を殴ったのは一度だけという証言と被害者の傷跡に相違があることを指摘され、混乱している様子をみて、川添書記官はみちお達に休廷をアドバイスしました。

休廷中に浜谷書記官と川添書記官で被告人を落ち着かせ、休廷後の発言がしっかりとしていました。
そして、みちおが聞いていた山寺さんの万引きを止めた時の気持ち、自分が山寺さんを殴った回数をはっきりと証言しました。

千鶴は川添書記官と浜谷書記官のフォローを褒めました。

みちおはまた職権を発動させて、真犯人がいないかを調べると言います。
書記官研修に来ている二人は初めての事に驚いていました。

書記官研修生の推理

書記官研修生は、被害者の旦那が真犯人なのではないかと推理しました。
自分の父親が関わった事件の経験から、築き上げたものを失いそうになった時に常軌を逸した行動をとる人もいると言います。

みちおたちは、山寺さんの夫の事件当時の様子と、山寺さんが隠滅したかもしれない証拠品を探そうとします。

みちおがいつもみんなの考えを読むように、イチケイの全員は川添書記官にみちおが何を頼もうとしているのか発言する前に理解していましたが、結局断ってもみちおの頼みを聞かざるを得ない状況になりました。

そんな中、被告人の娘、ほたるが姿を消しました。
そして、被害者の山寺さんからの手紙により、驚く告白と一緒に真実が明らかになりました。

みちおのおいっ子トーク 何で子供の絵の太陽は赤、信号は青なの?

太陽には様々な色が混じっているので何色で書いても間違いじゃないし、青信号も実物は緑に近いのに子供の書く絵の色が同じ色になってしまっている事を問題に出しています。

みちおは大人が子供に知らず知らずのうちにそうアドバイスをしているのではないかと言います。
子どもは疑いもなくそれを受け入れるからではないかと予測します。
そして、みちおは起訴内容をうのみにせず、先入観を捨てることをみんなにアドバイスしました。

みちおのおいっ子「道彦」トーク2 先入観は必ずしも悪くない

最後に皆で集まってご飯を食べている時に初めてみちおの甥っ子登場しました!

見るからに獰猛そうな初めて見た動物に対して、先入観を持ってはダメだと考えて行動した結果襲われてしまう可能性もあると言います。
動物でなくても、見るからに怪しい人間に警戒しないと痛い目に遭うこともあるとイチケイメンバーに説明しました。
故に、先入観も時には大事だと結論付けていました。

初めての人にいきなり話しかけられたイチケイメンバーはきょとんとしていました。

イチケイのカラス 第8話の感想

今回は川添書記官の災難がサブとして注目されていたお話でした。
書記官研修生達も参加していましたが、出しゃばらないはずの書記官が、イチケイではとても活躍していて、事件の解決に貢献していました。

今回のイチケイの書記官のファインプレーを見た書記官研修生は、最後には自分の意見を堂々と言えるようになっていました。

最終的にはいつものメンバーが戻ってきて良かったです。

川添書記官も、話の最後には警察の「先入観」を捨てた捜査によって疑惑が晴れました。
「先入観」の内容は、みちおがぷりん?を食べながら言っていた事と内容がつながっていましたね。
しかしこのみちおが説いていた意見に、甥っ子が最後に反論していました。

最後の石倉書記官の告白と、甥っ子登場は驚きました。

今回の問題で「子ども」という言葉を使っていたのでもしやと思いましたが、やはり甥っ子は「大人」だったんですね~。
千鶴の意見に私も同意してしまいました。
それも最後のたとえ話が、見た事もない「強そうな獣」だったのが、武井壮さんにぴったりの内容でしたね!
これからは本人がちょくちょく登場する事になるのでしょうか。

イチケイのカラス 第8話を見逃してしまった人はコチラ!

2021年現在、【ドラマ】イチケイのカラスはFODで見逃し配信をしています。
FODでは、「鬼滅の刃」などの人気アニメや漫画、雑誌なども見ることが出来ます。
今回惜しくも見逃してしまった人はコチラから視聴できます。
しかも初回申し込みなら、2週間無料で視聴出来るのでオトクですよ♪

FODプレミアムの無料お試しの注意点や詳しい申込み内容を確認して申し込む


イチケイのカラス ふるさと納税へ
ドラマ
気に入ったらシェアしてください
Chikaba trip