日経新聞のランキングで7位になったオリジンのブランデーケーキを紹介します

オリジンのブランデーケーキ おいしい食べ物

日経新聞の「日経プラスワン」には、「何でもランキング」という日本全国を対象にした色々なランキングが紹介されるのですが、そこで奈良県のブランデーケーキが見事ランクインしたので、紹介したいと思います。

ブランデーケーキはどんなランキングでランクインしたの?

日経新聞の一部

『日本経済新聞』2020年12月5日第1面

オリジンのブランデーケーキは、ちょうど12月の1週目の土曜日の新聞に、クリスマスを意識しての記事「洋酒たっぷりのケーキで聖夜を」にランクインしました。
ランキングは7位でしたが、全国のランキングで奈良県の小さなお店がランクインした事は少し驚きでした。

ブランデーケーキはどんなケーキなの?

ブランデーケーキ2

ランキングにランクインしたケーキは、「究極のナポレオン・ブランデーケーキ」という名前のケーキで、奈良県の河合町にある「オリジン」というお菓子屋さんで販売されています。
お店は小さめで、私は最近まで普通のパン屋さんだと思っていました(汗)
実際にパンも売っていますが、お店イチオシの商品はブランデーケーキとマドレーヌのようです。

「究極のナポレオン・ブランデーケーキ」はフランス産の最高級のブランデーをたっぷりと使い、味だけでなく香りにもこだわって作られているケーキですが、こだわりはブランデーだけではありません。
バターは北海道産の「四つ葉バター」を使用し、卵は奈良県内の鶏卵農場の新鮮なを使用しているまさに「こだわりのブランデーケーキ」なのです。
開発途中には、お酒好きの方に協力をしてもらって何度も試食をしてもらったそうなので、お酒好きな人の口にも合うケーキに仕上がっていると思います。
それだけ「ブランデー」の魅力を引き出す事に力を入れたケーキなんですね。

ちなみに「ナポレオン・ケーキ」とあるので「ナポレオン」という名前のブランデーを使っているかと思われがちですが、これは等級を指す言葉で、10年以上熟成させたものを「ナポレオン」と呼ぶようです。

ブランデーケーキはあの有名人の引き出物にも使われていた!

小さな町にあるこの「オリジン」のブランデーケーキは、意外な有名人の引き出物にも使われていたようです。
ひとむかし前にとても話題になった藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚式。その二次会の引き出物になんとオリジンのブランデーケーキが出たそうです。
どなたのチョイスか分かりませんが、よく見つけてこられたなぁと思います。
これがきっかけとなって、雑誌やテレビでも取り上げられるようになったそうです。
小さな町のお店でも、おいしいものを追求して作り続けたら、口コミで有名になっていくのですね。

実際に食べてみた感想は?

カットケーキ

お値段は税抜きで2300円と、想像よりお安い値段です。百貨店で購入するお菓子とそれほど変わりませんでした。
包装を開けて、箱を開けると、ケーキの説明がついていました。
ブランデーをたっぷり使用しているので、冷蔵庫で保存すれば1年間はもつそうなのですが、一番おいしく食べられる時期は製造から3ヶ月後だそうです。
しかし私は3ヶ月も待てず、2週間目で食べてしまいました。

包装されたケーキ
包装を解いたブランデーケーキ

持った感じは、ブランデーがたっぷり染み込んでいるからか、ずっしりしています。
色は普通のパウンドケーキのように見えます。色もきれいな黄色です。
包装を開けた途端、ふわっとブランデーのいい香りがしました。

実際に食べてみたら、たっぷりブランデーが染みているけど、お酒がきつすぎるほどではなく、1/4個ぺろっといけちゃいました。(でもあとでお酒の弱い私はほろ酔いになりました)
ただ、ついていた説明に書いていたように食べるのが早すぎたのか、ブランデーが下の方にたまっている感じがしました。1週間ごとに底面を入れ替えて保存したらお酒が均等に浸透するようですが、これはこれで、味のグラデーションを楽しめました。
飲み物を一緒に飲むならば、だんぜん紅茶がいいと思います。コーヒーだと、せっかくのブランデーの香りとコーヒーの香りが混ざってしまう可能性があるので、あまり香りの個性が強くないさらっとした紅茶や、烏龍茶なら発酵の高い東方美人茶などでブランデーの香りを楽しみながら一緒にいただくのがいいのではないかなと思いました。

お店にはどうやって行くの?

オリジンのお店

上の画像の左側1階が「オリジン」のお店です。
面積でいうと、緑の車が止まっている所までがお店になります。
お店自体はそれほど大きくないので、車も2~3台ほどしか駐車できません。

JR、近鉄王寺駅から単線の「西田原本線」に乗り換えてひと駅目の「大輪田駅」で降ります。
駅の階段を降りて左側の道をずっと上っていくと、大きな十字路に着きます。
そこまで来ると「オリジン」はすぐ目の前です。十字路をまっすぐに渡ると左側に「イオン」があり、道路の向かい側に「オリジン」があります。

オリジン前の十字路

周辺にあるのは向かいにある「イオン」と、たまにテレビに出る高校くらいで、他に何もありません。
昔は上の階や隣に古本屋さんやビデオ屋さんもあったのですが、今はお店もなくなっています。
インターネットでも販売をされているようなので、何か用事がないようでしたら、インターネット購入をおすすめします。

まとめ

ナポレオン・ブランデーケーキは、ブランデーだけでなく、スポンジにもこだわってつくられたおいしいケーキでした。
今回は製造後2週間で食べてしまいましたが、次回は3ヶ月、1年での味の違いを試してみようと思います。
現在(2021年)は「奈良県河合町」のふるさと納税でももらえますので、この機会に一度購入されてはいかがでしょうか?

追記:もしお店に直接買いに行きたいという方は、お店周辺には何もありませんが、お隣の駅近くに「麒麟がくる」で吉田鋼太郎さんが演じた「松永久秀」のお墓が「達磨寺」にありますし、少し遠いですが「土蜘蛛の茶釜」を抱いて自害したといわれている「信貴山城」もありますので、お時間があれば観光ついでに寄られてはいかがでしょうか。→松永久秀の平蜘蛛茶釜は見つけられるのか?信貴山城と松永屋敷へ

こちらのブランデーケーキもお酒がきいていておいしいので、ご確認ください。→バレンタインに百貨店に出店するバーマンズチョコレートのケーキがお店で食べられます